2009年度の授業

[Return]

大学院

哲学原典研究III, IV(修士)・哲学特殊研究演習I,II(博士)
 時限:木曜日14:45から
 
 授業内容:アウグスティヌス『告白』を読む。第10巻56 節から
 
参考文献

古典文学IB, IIB(修士)
 時限:水曜日 13:00から
 授業内容:キケロ『発見について』を読む。

2008年度の参考文献

学部

宗教の哲学I, II
 時限:火曜日 16:30から
 授業内容:春学期は神の存在論証について、秋学期は世界の永遠性の論証について考える。配付資料をもちいて講義する。
神の存在論証について
 配付資料:『プロスロギオン』1b「一〜五章」
        『プロスロギオン』2「六〜十三章」
        『プロスロギオン』4「ガウニロの反論」
        『プロスロギオン』5「アンセルムスの答え」

世界の永遠性について
 配付資料:アリストテレス『天について』第一巻十章〜十一章

哲学研究会
 時限:火曜日 14:45から
 授業内容:トマス『真理論』を読む。本年度は第2問2項から。秋学期には卒論の中間発表を行う。
 原文は平易なラテン語。邦訳テキストを用意する。
 
第二問第一項 訳a
 第二問第二項 訳 未完
 参考文献

日吉

特論
 時限:木曜日 10:45から
 授業内容:哲学に親しむため、プラトン『パイドン』を読む
 

哲学の参考資料
 哲学の始まりa
 ミレトスの哲学者たちa
 予備知識なしで読むことのできる哲学書

通信教育部

[Return to main page]